シーンボイス浜松ご案内


「浜松市福祉交流センター 録音室」で、
        音声ガイド制作 を行っている「シーンボイス浜松」

      「映画を鑑賞することは誰にでも保障されているのか?」

映画は、視覚と聴覚でアクセスして鑑賞するものだが、視覚でアクセスできない場合でも映画の鑑賞を行うことが可能でなければならない。

「シーンボイス浜松」は「音声ガイド」で視覚情報(映像)を説明して、視覚からのアクセスができない場合でも、映画の鑑賞ができるような環境を作るための活動をしている。

これは、普通「バリアフリー映画」といわれているもので、視覚情報を音声による「解説」にしたものを、FM電波によりラジオに送信し、鑑賞者は映画館の座席でFMラジオのイヤフォンからの「音声ガイド」聴いて、情景を心に描きながら、映画を鑑賞できるようにしたものである。

「バリアフリー映画」のもう一つの要素は、音声情報を聴覚でアクセスできない場合は、「字幕」制作によりアクセスを可能にするものであるが、「シーンボイス浜松」では「字幕」制作は行っていない。

「シーンボイス浜松」では、これまで、浜松の「福祉交流センター」、「シネマイーラ」などで、バリアフリー映画の上映を行ってきた。

        「音声ガイド」 ボランティアスタッフ募集
浜松市でWindowsパソコンを使って「音声ガイド」の制作に参加ご希望の方は、浜松市福祉交流センター内 一階 ボランティアビューロー内 「録音室」まで御出でください(月、水、金曜日 午前9時から午後2時頃まで活動)

活動内容:音声ガイドのシナリオ作成、シナリオの録音、映画に合わせて音声ガイド編集
     Windowsパソコンの基礎知識の習得、デジタル録音技術の習得などの研修
   
            浜松市福祉交流センター の所在地は
       〒432-8035 浜松市中区成子町140-8  

        次回のバリアフリー映画の開催予定のお知らせ

           映画「イーチャンの白い杖」(108分)
    5月29日(水)   開場:午後6時   上映開始:午後7時
           浜松ハーモニーロータリークラブ主催
       会場:シネマイーラ(浜松市 中区田町315-34)

鑑賞希望の方は、福祉交流センター ボランティアビューロー録音室へ直接か               

scenevoicehama@gmail.com へ メールでご連絡ください